コギフロ corgi-Frontier

犬猫子供の写真を激写しまくるオヤヂなブログです

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  カメラ
tag : 


先日手に入れた二眼レフ
フィルムはブローニーという通常よりも大きなサイズなわけですが
それだと現像できるところが限られてきちゃいます。
前橋には2件あって、そのうちの1件はあまり腕がよくなかったのでもう出しません(^^;
なので、実質1件なのですが、、、、使い勝手が悪いですよね(^^;
そこで、通常の35mmフィルムが使えないかなぁ~
なんてネットで検索していたら、、、、
中判で35mmを使うと、面白い写真が撮れることが判明!

早速カメラを改造して35mmを装填!

さぁて、どんな写真になったでしょうか~~~~
名称未設定 9

じゃじゃ~ん!

通常は写らないフィルムの端まで写真としてうつっています!

名称未設定 4

バーコードなども写っていて、ちょっちかっこいいです(*´Д`*)

名称未設定 6

なかなかちゃんと写ってますね~

名称未設定 8

この、フィルムの穴のことを パーフォレーション というのですが
それごと写しこむ写真なので パーフォレーション写真 といわれております~
スプロケットホール写真 とかでも言われていますね

名称未設定 5

でも、これフィルム2本目なんです(^^;
最初の1本は、カメラの裏蓋が金属光沢むき出しだった為に、光がカメラ内部で乱反射して
フィルムが変な風に感光しちゃったのです~
それに、セットの仕方がわるかったようで、ちゃんとコマがおくられておらず
前の写真とちょっと重なって写ってるところとかあったのです

今回はそれを踏まえて、裏蓋には黒い紙をはりつけて乱反射を無くし
フィルムもたわみ無くしっかりセットしたら、ばっちり完璧に撮れました(^^ノ

これならいつでも何処でも現像可能ですね~
ただし、問題が一つ。

撮影されたフィルムは、むき出しの状態でカメラ内で巻かれています。
普通のカメラはフィルムの巻き取り装置がついているのですが、二眼レフには構造上そんなものがありません。
なので、完全な暗闇でカメラの蓋を開け、フィルムを取り出してフィルムケースに巻き戻さないといけないのです~
この 完全な暗闇 ってのがなかなか難しいっすね(^^;

昼間に光を遮断することが出来る部屋は家にはないですので、夜を待つしかないわけです(^^;
ダンボール箱で小さな暗室でも作ろうかな?w

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。