コギフロ corgi-Frontier

犬猫子供の写真を激写しまくるオヤヂなブログです

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  カメラ
tag : 

D300 tamron SP90

いいレンズってどうやって見分けるの?
という話しがありまして、ちょっといろいろ考えてみました


ニコンが新しいレンズを発表しまして
AF-S 35mm F1.8 というレンズであります

まってたぜ!これが欲しかったんだ!
という話をしたところ、どのへんでレンズの良し悪しを判断するの?
と聞かれ、そのときはこのレンズのここがこーであーで と説明したのですが
今おもうと、それが良し悪しの判断基準なのかなぁ?
ってことで考えてみました

まず、自分が持ってるレンズで良し悪しを判断してみましょうか、、、

DSC_0288.jpg

AiAF 35mm F2D 写りが綺麗とされる単焦点レンズです
35mmという長さとF2という明るさが私の写す範囲に丁度いい
それでいて3万ちょいというお値段が魅力で購入しました。

376424968_140.jpg

AF-S 18-55mm D40についてきました しかし、軽いし取りまわしが非常に良く、とても優秀です
AF-S VR 18-200mm ニコンの代表的なレンズですね
レンズ交換が不要でしかも手振れ補正付、それでいて画質がおどろくほどいい
一見すると最強レンズです その分お値段もはります(^^;

14121579_2580995049.jpg

tamron SP 90mm 群馬と言ったら焼き饅頭、マクロレンズと言ったらこのレンズ というぐらいのレンズですw
値段も安く、手に入れやすい逸品です

DSC_3621.jpg

NIKKOR 500mm F8 Reflex(NEW)
20年以上前にブームとなったレフレックスレンズの中でも、最強のレンズといわれています
とても不自由なレンズですが、使いこなせればものすごい威力を発揮します
現在では入手は困難です

tamron SP 500mm F8 すでに手元にはありませんが、これもレフレックスの代表格です
中古やさんで破格の値段で購入しました。

以上が今私が持っているレンズたちですね
これらのレンズを私が選んだ理由はさまざまです。
それぞれに判断基準がありますよね

じゃぁ、実際に写りはどー違うの?

DSC_4775.jpg
AF-S VR18-200mm

DSC_4778.jpg
AF-S 18-55mm

18mmでの写真です ちょっとわかりづらいかもしれませんが、VR18-200mmは周辺のゆがみが大きいですね

次は35mmで検証してみましょう

DSC_4777.jpgDSC_4777_1.jpg
VR18-200mm

DSC_4779.jpgDSC_4779_1.jpg
18-55mm

DSC_4780.jpgDSC_4780_1.jpg
35mmF2D

それぞれに拡大した画像をつけてみました
やはりVR18-200mmはゆがみが大きいですね
18-55mmと35mmは綺麗に写ってます
しかし、拡大してみると18-55mmはタイルの細部が写しきれていません
VR18-200mmはきちんとタイルが判別できますね
そして、さすが単焦点、35mmF2Dのきめ細かな写真を見てください~

同じ焦点距離を有する3つのレンズでこのような違いがあります
この違いを 小さいと見るか、大きいと見るか、、、あなたの判断基準はどちらでしょうか?

つぎに、絞りについても見てみましょう

DSC_4688.jpg
35mmF2D

DSC_4690.jpg
VR18-200mm

お値段の分(w)、VR18-200mmは円形絞り を採用しています

DSC_4683.jpg

DSC_4687.jpg

さてはて、どちらがどのレンズでしょう?
もうおわかりですねw
六角形の光が35mmF2Dで円形の光がVR18-200mmです
ボケが出せるのも一眼レフの醍醐味の一つです
どちらの写真があなた好みですか?

つぎはマクロレンズです

DSC_4755.jpg
DSC_4757.jpg

花を撮るのはお手の物

DSC_4749.jpg

普通に90mmの望遠レンズとして使うのも十分アリです

DSC_4744.jpg

マクロレンズを付けて大きな動体を連射する人もあまり居ないかもしれませんが(^^; 動き物も撮れます

DSC_4555.jpg

500mm reflex でもこのぐらいの写真が撮れます

DSC_4567.jpg

それぞれの写真にはそれぞれのレンズでしか撮れない特徴がありますね
90mmはとろけるようなすばらしいボケとやわらかい描写が魅力です
しかし、結構収差があります (この写真ではわかりませんが)
パープルフリンジがかなり出るので、私はそこが気になりますね
ところが、レフレックスレンズはその構造上、収差が発生しないのです
コントラストも高く、描写力も十分あります
(ただし、まともに撮れるようになるには修行が必要ですが、、、、)

マクロレンズと超望遠レンズで同じような被写体が撮れるってのも、面白いですね
あなたなら両方必要だとおもいますか? どちらか一つでいいとおもいますか?

なんだか長ったらしく書き連ねましたが、どうでしょうか、いいレンズはこの中で見つかりましたでしょうか?
一つもありませんでしたか?

これを読んで、この中のレンズを選別してみるということこそが、レンズを選ぶ目を養う方法であり
いいレンズを自分で判断する手順の一つになるとおもうのです

1 世の中にはどんなレンズがあるのか、種類や値段を知る
2 実際に写真を見比べる
3 レンズの構造による写りの違い、影響を知る
4 写したいものに合うレンズを考えてみる

残念ながら、一つのサイトを見ただけではそれぞれの知識や判断材料を得ることはほぼ不可能です
こればっかりは自分で労力と時間を使って見て調べていくしかありません

レンズは高い買い物です そして、いいものを選ぶと、財産になります
25年前のレフレックスレンズが今でも現役で取引されているように、それなりのレンズにはそれなりの価値が発生します
是非、いいレンズを選び、末代まで受け継いでくださいwwww
(それ考えると、昔のレンズは丈夫だなぁ、、、今のVRレンズなんて子供にすら引き継げないなw)

コメント


VR18-200mmのゆがみがわからない・・・泣・・・
宝の持ち腐れ・・・ですね。
2009/02/17 21:10URL  むくまま #-[ 編集]


むくままさん
一応、公正を期して無限遠での作例を作りましたから
いつもよりゆがみは小さいです
「違和感」程度のゆがみです
でも、写す距離によって、おもいっきりゆがむんですよ
そういう特徴を持っているレンズですよ という事を言いたいだけなので、見分けがつかなくても大丈夫ですw

ここに上げたレンズと写真は、それでこれらの評価を決定付ける為のものではなく
あくまで「個々で評価するための方法例の一つ」であり
それは各個人個人での価値観の相違でレンズに対する評価は
違うということを言っています(^^;

どうやって見分けるの?という質問に方法を答えただけですので
レンズ単体の個人的見解は気にしないでくださいw
それを自分で勉強して決めてね! ってことなんでwww
2009/02/18 00:05URL  みりんパパ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。