コギフロ corgi-Frontier

犬猫子供の写真を激写しまくるオヤヂなブログです

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  カメラ
tag : 
DSC_1655.jpg


注文していた kenko デジタルテレプラスPRO300 がきました!
まず、テレコンとはなんぞや?

DSC_6216.jpg


レンズの焦点距離をOO倍するレンズ であります。

300mmに1.4倍のテレコンをつければ 300X1.4=420mm となります。

望遠レンズって高いので、これをつけて少しでも長くしようというものですね

では、実際にどーなるのか比べて見ましょう~

DSC_6194.jpgDSC_6196.jpg

左がテレコン有 右が無しです
、、、、おぉ、、、420mm、、、でかいぜ!

そして、このテレコンは画質もなかなかいいのです

30014.jpg300.jpg

左がテレコン有 右が無しです
さすがに無しのほうが断然綺麗なのですが、テレコン有でこのぐらいなら問題ないです
下のレフレックス写真よりも綺麗ですし

nikkor500mm.jpg


さて、、、実はこのテレコン、真の特徴はこれではないのです

装着できるレンズをあまり選ばないのです

テレコンってかなり制約があったりします。 ニコン純正では、使えるレンズが一部だけで
高いわりに汎用性はゼロです。
sigmaのテレコンは画質がいいのですが、こちらも装着できるレンズがすくなく、制約も多いです
ところがこのケンコーのデジタルテレプラス(以下DTP300)はなんと、VR18-200mmが
そのまんま装着でき、AFはおろか、VRまで完全動作してしまうのです!
説明では50mm以下のレンズは装着しないでください とあるのですが 実際18mmがついてしまう、、
さらに、魔法カード発動! DXレンズがFXでも使えちゃう これにより場のレンズすべてがFX対応に!
ターンエンド!w

そう、このDTP300を使うと、DX専用設計のレンズがFX機で使えるようになるのです!
こんな裏技があったなんて(^^;
今はフルサイズ機は持ってないですが、次に買い換えるだろうカメラは絶対フルだとおもうので
それを見越したレンズ資材をそろえておいたほうがいいわけですよねw
なによりVRが利くってのが凄いですw

DSC_6200.jpgDSC_6202.jpg

VR18-200mmでの撮影 左がテレコン有で換算280mm 右は無しで200mmです

20014.jpg200.jpg

さすがにこのレンズでテレコン有は厳しいかもしれませんね(^^;
でも、当倍でみなければいい絵になってるので、十分使えます!

DSC_6197.jpgDSC_6201.jpg

そして、驚愕の18mmです、、、、、
テレコンと後玉がぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤしながらズームリングを回したら、ギリギリで
ぶつからない感じですね、、、、心臓にわるいよ、これw
色が違うのは露出がちゃんと出なかったからですかね~
露出に関してはすこし注意が必要かもです

DSC_6203.jpg

もちろん35mmF2Dにもつきます 換算49mmですね FXに使ったらもろ標準ですw

DSC_6206.jpg

そして、タムキューなどのマクロレンズに付けると最大倍率が上がります!
通常は10円がぴったり納まるサイズですが、より拡大された表示となります。
126mm相当になりますので、このぐらいあるとマクロレンズとしてかなり使いやすいですね~

ただし、D40では動作がすこし不安定でした。
原因はボディ側のレンズ接点の汚れと、AFセンサーの性能差ですね
接点清掃で不安定さは改善されたのですが、蛍光灯下の室内では暗くなるのか
AFがかなり迷ったり、合焦しなかったりが多々発生します。
D300では大丈夫なんですがね~
まぁ、明るければ大丈夫でしょう~
今度試してみよう~


やっといっぱしの鳥撮りらしくなりましたねーw

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。